個人再生を検討

赤ちゃんとワクテク > 出来事 > 個人再生を検討

個人再生を検討

2014年8月 7日(木曜日) テーマ:出来事

自己破産手続きにあたって返済義務に対しその保証人となる人が存在するときには、早い段階で相談しておいたほうが無難です。

 

改めてお話ししますが保証人となる人物が存在する場合は自己破産手続きの前段階に前もって考えるべきです。

 

なぜかというと今あなたが破産手続きを出してOKが出ると、保証人になっている人がみなさんの借金をすべて背負うことになるからです。

 

なので、自己破産の前段階に保証人になってくれた人に、至った詳細とか現状について説明して、謝罪の一つも述べなくてはならないでしょう。

 

保証してくれる人の立場に立つと求められることです。

 

借金をしたあなたが破産の申告をすることで自動的に大きな返済義務が発生するわけですから。

 

そうなるとすれば、それ以降の保証人の取るべき道は以下の4つです。

 

まず1つめですがあなたの保証人が「全額払う」ことです。

 

あなたの保証人がいつでも多くの借金をいとも簡単に完済できるほどのような財産をたくわえているならばこの方法を取ることが可能になります。

 

でもむしろあなたは破産申告せずに保証人である人に立て替えをお願いしてあなた自身はその保証人に返済していくという解決策もあると思われます。

 

保証人が自身と良い関係にあるのならいくらかは返金期間を猶予してもらうことも不可能ではないかもしれません。

 

またまとめて弁済不可能な場合でも業者側も話し合いで分割による支払いに応じてくれるかもしれません。

 

保証人に破産手続きされてしまうと全然弁済されないことが考えられるからです。

 

その保証人がその負債を全部支払う経済力がなければ借金しているあなたと同じようにいずれかの負債の整理を選択することが必要です。

 

続いてが「任意整理をする」ことです。

 

貸方と相談する方法で、数年の期間で返済する方法になります。

 

弁護士にお願いするにあたってのかかる経費は債権者1社につき4万円。

 

全部で7社からの債務があるなら28万円ほど必要になります。

 

債権者との交渉は自分でチャレンジすることもできないことはないかもしれませんが、この分野の経験と知識がない人だと向こう側が自分たちにとって有利な条件を勧めてくるので、注意が必要です。

 

くわえて、任意整理を行う場合も保証人となる人にお金を代わりに払ってもらうわけなので借りた人はちょっとずつでも保証人になってくれた人に支払っていく必要があります。

 

次はあなたの保証人も返せなくなった人といっしょに「自己破産をする」場合です。

 

保証人も返せなくなった人と同じく自己破産をすれば、その保証人の義務も消滅します。

 

しかしながら、保証人が株式などを所有しているならば該当する私財を取り上げられますし資格制限のある職務にある場合影響が出てしまいます。

http://komayuu.seesaa.net/

個人再生を検討することができます。

 

一番最後に4つめの手段は、「個人再生を利用する」方法についてです。

 

マンション等を処分せずに債務の整理を希望する場合や自己破産手続きでは資格制限に触れるお仕事に従事している場合に選択できるのが個人再生制度です。

 

この方法の場合自宅は処分が求められませんし、自己破産のような資格制限が一切ありません。

 



関連記事

無料で英会話を勉強する方法

無料で英会話を勉強する方法

2015年1月12日(月曜日)

恋愛アプリ

恋愛アプリ

2014年8月25日(月曜日)

最近いなくなった友人をさがしてください。

最近いなくなった友人をさがしてください。

2014年8月23日(土曜日)

JCBのクレジットカードの中でEITカードを持ってみた

JCBのクレジットカードの中でEITカードを持ってみた

2014年8月22日(金曜日)

オンライン英会話であれば、ここがおすすめ

オンライン英会話であれば、ここがおすすめ

2014年8月11日(月曜日)